スポンサーリンク

桜と抹茶の春色トリコロール食パン

 「初夏かよ」と思うぐらい少し暑さを感じるようになりました。実際、温度は25度を超えるようになり、いつも食べる食パンを作っている時も汗ばむようになりました。まだまだ桜の季節が名残惜しい。というわけで、今回は俗に言う「映え」を狙って、色鮮やかな春らしい食パンを作ってみました。

 葉桜をモチーフに、桜パウダーと抹茶を混ぜ込んで3色のマーブル状に仕上げた、萌え断1)使い方はこれで合っていますか?系の食パンです。いつも作るのはラウンドトップ(山形)ですが、今回は焼成時に食パン型に蓋をしてプルマン(角形)にしてみました。生地を3分割にして着色して三つ編みにすることで、どこを切っても綺麗なトリコロールが出てきます。

材料(食パン1斤型 1台分)

生地

強力粉 (春よ恋)250g
上白糖20g
スキムミルク10g
インスタントドライイースト (赤)4g
3g
160g
無塩バター25g

桜生地用

桜パウダー(小さじ1) 3g
(小さじ1) 5g

抹茶生地用

抹茶 (粉末)(小さじ1) 3g
(小さじ1) 5g

 今回の強力粉は、国産小麦の「春よ恋」です。まだ春を感じていたいので。

手順

下準備

  1. は、600Wの電子レンジで30秒~1分加熱し、40℃の温度にする。
  2. 無塩バターは、室温に戻して柔らかくしておく。
  3. 桜パウダー抹茶は、それぞれと合わせておく。

パン生地を作る

  1. ボウルに薄力粉上白糖スキムミルクインスタントドライイーストを入れる。
  2. をインスタントドライイーストに目掛けて注ぎ、粉っぽさが無くなるまでスパチュラでよく混ぜる。
  3. 台の上に生地を出し、その上に無塩バターを置き、纏まるまで捏ねる。
  4. 捏ね上がる直前で、生地を3等分にする。
  5. 3等分した生地について、
    • ひとつは、そのまま捏ね上げる。
    • もうひとつは、生地を広げ、桜ペーストを生地全体に塗り、混ぜ込むようにして捏ね上げる。
    • 残りのひとつは、生地を広げ、抹茶ペーストを生地全体に塗り、混ぜ込むようにして捏ね上げる。
  6. それぞれの生地を丸め、閉じ目を下にしてボウルに入れ、ラップを掛けて40℃に設定したオーヴンで30分発酵させる(1次発酵)。

 桜パウダーと抹茶は、予め水と合わせてペーストにしておくことで、生地に混ぜ込む時にダマが出来るのを防ぐ。

成形して焼成する

  1. 食パン型は、本体と蓋の内側に無塩バター(分量外)を塗っておく。
  2. 生地の1次発酵が終わったら、それぞれフィンガーテストをして、生地のガスを抜く。
  3. それぞれの生地を丸め直し、閉じ目を下にしてラップを掛けて15分休ませる(ベンチタイム)。
  4. それぞれの生地は閉じ目を上にして満遍なくガスを抜き、30cm位の棒状に伸ばす。
  5. それぞれの生地を並べて三つ編みにし、両端を閉じ合わせ、食パン型に入れる。
  6. ラップを掛けて40℃に設定したオーヴンで30分発酵させる(2次発酵)。
  7. 生地が食パン型の8~9分目の高さまで膨らんだら、ラップを外し、蓋をして天板に乗せる。
  8. 200℃に予熱したオーヴンで25分焼く。

 生地を棒状にする時は、筒状にした生地を手前から奥に、手を中心から外側に移動させながら転がす。

References   [ + ]

1. 使い方はこれで合っていますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました