スポンサーリンク

ニューヨークチーズケーキ

 久し振りのお菓子作りになってしまいました。暫く作らない間に、ヨーグルトが溜まってしまって冷蔵庫の中で積まれていました。というわけで、今回はクリームチーズと水切りヨーグルトを混ぜ込んで作ったニューヨークチーズケーキです。

f:id:A4_442Hz:20200409103219j:plain

 ニューヨークチーズケーキはベイクドチーズケーキの一種ですが、ベイクドチーズケーキのように焼き色を付けるのではなく、湯煎焼きで蒸すようにじっくりと焼き上げます。

 ニューヨークチーズケーキには、サワークリームを配合しているレシピが多いですが、今回は水切りヨーグルトがサワークリームの役割を果たしています。また、ボトムにはグラハムクラッカーを使うのが普通ですが、代わりに余っているコーンフレークを使っています。

 濃厚なチーズのコクと酸味が楽しめる、どっしりとした密度の高さを感じられるケーキです。しっかりと冷やしてから召し上がれ。

材料(15cmセルクル 1台分)

ボトム

コーンフレーク50g
無縁バター25g

アパレイユ

クリームチーズ200g
ヨーグルト400g
グラニュー糖75g
全卵1個分
卵黄1個分
フレッシュクリーム100g
薄力粉10g
コーンスターチ1)片栗粉で代用可能。10g
レモン果汁15g

手順

下準備

  1. ヨーグルトは、笊に一晩置き、半量になるまで水気を切る。
  2. セルクルは、底と側面にクッキングシートを敷いておく。

 ヨーグルトはしっかりと水切りをすることで、チーズのような風味になります。水切りをすると重量は½になります。

ボトムを作る

  1. ボウルに無塩バターを入れ、湯煎に掛けて溶かす。
  2. コーンフレークは、ビニール袋に入れて麺棒で叩くかフードプロセッサーを使って細かく砕く。
  3. 1(溶かしバター)2(コーンフレーク)を加え、混ぜ合わせる。
  4. 3をセルクルに入れ、厚みが均一になるように上から押さえ均し、冷凍庫で10分以上冷やし固める。

 コーンフレークの代わりにグラハムクラッカー(全粒粉のビスケット)を使っても美味しい。何れの場合も、クラッカー類とバターは2:1の割合で混ぜる。

アパレイユを作る

  1. ボウルにクリームチーズ水切りヨーグルトを入れ、クリーム状になるまで混ぜる。
  2. グラニュー糖全卵卵黄を入れ、その都度均一になるまで混ぜ合わせる。
  3. 薄力粉片栗粉フレッシュクリームレモン果汁を順に加え、その都度均一になるまで混ぜ合わせる。
  4. 3をセルクルに流し入れ、180℃に予熱したオーヴンで30分焼く。
  5. オーヴンの温度を160℃に下げ、再び30分焼く。
  6. 焼き上がったらケーキクーラーの上で冷まし、粗熱が取れたらセルクルを取り外して冷蔵庫で冷やす。

References   [ + ]

1. 片栗粉で代用可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました